猫(ネコ)の里親募集

猫の里親になると15年以上の人生を共に過ごします。生活環境が変わっても責任を持って飼育できるのかよくお考えください。
猫の里親になる際の注意
猫の里親になるには身分証の相互提示が必要です。必ず互いに身元を確認して住所氏名を控えておいてください。
保護猫のワクチン代を負担する場合は必ずワクチン証明書と動物病院の領収書を受け取ってください。実際には接種させていないワクチン代を騙し取るという善意につけ込んだ心ない詐欺もあります。
当サイトでは里親様宅で猫の引渡しをすることを推奨しております。遠くまで引き取りに行ったのに、いたずらで架空の住所を教えられていたというケースもあります。
兄弟猫のススメ
複数の猫の里親になろうと考えておられる場合は、出来るだけ兄弟猫を迎えるようにしましょう。 後から新しく迎える場合、感染病の心配がありますし、相性で問題が起こるかもしれません。
猫の里親募集の掲載
飼育している猫の里親を探す場合は、本当に里親を探すしかないのか考え抜いた上でご掲載ください。
里親募集の掲載はこちら(要登録)
猫の里親希望の方へ
猫の里親になると非常に長い時間を共にすることになります。安易な気持ちで里親にならないようにしましょう。 猫を飼えば、壁や柱を傷つけられたりすることもあります。一人暮らしであれば、留守中の部屋の温度管理も行わなければなりませんし、自由に旅行に行くことも難しくなります。 ご自身にもしものことがあった時にどうするかも考えておかねばなりません。猫の里親になる前にご家族の方などとよく話し合ってくださいますようお願いいたします。
猫の里親になる方へのお願い
当サイトでは、猫の里親になる方に、完全屋内飼い、去勢避妊手術をお願いしております。 屋外で飼育すると、交通事故や感染症にかかる可能性が非常に高くなりますし、ご近所に猫嫌いの方がいらっしゃればトラブルになる可能性もあります。 小さな頃から屋内だけで飼育していればあまりストレスを感じることはありません。
避妊去勢手術については、僅かながらリスクはありますが、発情期のストレスや病気の予防、脱走してしまった時のためにも行っておくことをおすすめします。 また、発情前に去勢避妊手術をすることによって性格が穏やかになるとも言われています。
先住猫がいる環境で里親になろうと考えておられる方へ
先住猫がいる環境で里親に立候補される場合は慎重にお考えください。
長年一匹で育てられている場合、後から来た猫を一切受け付けず、ストレスを抱えたり、怪我をするほどのけんかをする可能性があります。
先住猫がいる環境で里親になる場合は必ず、トライアルは可能か、感染症はないかをご確認ください。

新着の猫の里親募集


子猫の里親募集です。

福井/0年1ヶ月13日

子猫の里親募集です。

福井/0年1ヶ月13日

家族になって下さい(^-^)

福岡/0年3ヶ月1日


緊急! SOS

京都/0年1ヶ月2日

緊急性の高い猫の里親募集

長い期間掲載されている猫の里親募集