里親詐欺に遇わないためには

里親詐欺について
里親詐欺とは、動物を大切に育てることを約束して引き取っておきながら、その実「虐待」「転売」「飼育放棄」などをすることです。
里親に名乗り出てくださる方の大半は、善意で行き場のない動物の命を救いたいと考えておられる方です。
しかし、ネット上には少なからず虐待目的や金銭目的で動物を引き取ろうとする悪意のある人間が存在します。
事実、当サイトでも譲り渡した動物が虐待死させられるという悲しい事件や、金銭的詐欺が起こったことがあります。
里親詐欺に慎重になりすぎ、相手の方を必要以上に疑ってしまうことは失礼ですし、折角の機会を逃してしまうことにもなりかねませんが、 悪意のある人間に譲り渡さないために、以下のことに気をつけて下さい。
次のような人物には絶対に引き渡さないで下さい
身分証の相互提示を拒否する
譲ったきり連絡が取れなくなったという報告がいくつも来ています。
話を聞くと必ずといっていいほど身分証の確認がなされていません。
身分証の相互提示は本サイトの規約で定めているルールですので、身分証の相互提示を求めることはなにも失礼なことではありません。
必ず身分証を相互提示し、里親様の住所氏名を記録してください。
輸送での引渡しを要求してくる
輸送での引渡しはどんな動物であっても禁止しております。大事な命を一度も会ったこともない人に預けようとしないでください。
過去に自分の都合で動物を手放している
たまに、ペットを物感覚でコロコロと変える人がいます。自身の行動に罪の意識がない人が多いです。
本サイトでは、里親募集掲載の記録と動物引き取りの記録を公開しております。
もし、過去に自身の都合で動物を手放しているような人物であれば絶対に譲り渡さないで下さい。
次のような人には気をつけてください
電話で連絡が取れない
電話を拒否するのはイタズラ目的の可能性があります。
また、メールだけでは相手の方が信用に足るか判断するのは難しいです。必ず事前に電話でお話ししてください。
里親様のご自宅での引渡しを拒否する
ペット飼育禁止の住宅であるなど、自宅を見られたくない可能性があります。
相手の方が女性で不安がっているようであれば、立会人などを提案すると良いでしょう。
引き渡し後の治療費等を要求してくる
「引き取って避妊手術をするのでその費用を負担してほしい」と言って実際には行わない手術費用をだまし取るという事例が確認されています。
交渉の際に病気等を隠していた場合を除いて、引き渡した後の治療費を負担する義務はありません。もし事例のような場合で費用を負担するのであれば、避妊手術をしてから里親様にお渡ししましょう。
未成年である
家族の方の了承を取っていない可能性があります。相手の方が未成年であれば必ず親御さんに了承の確認をとって下さい。
次のような方がお勧めです
先住動物がいる場合、その動物の診察手帳を確認できる
犬や猫の先住動物がいる場合、その動物の診察手帳や予防接種証明書を確認できれば、それは信頼できる方であるという大きな証左になります。
また、過去にペットを飼育していたという方であれば、その動物の診察手帳や予防接種証明書が残っていないか訪ねてみてください。
成長報告を確約してくれる
お譲りしてから1年間、月に1回程度、写真付きの成長報告をお約束してくれる方を優先することをおすすめします。
口約束ではなく、譲渡契約書という形で文章で取り交わしてください。
ご自身で用意されてもいいですし、WhiteCatでも基本の契約書を公開しております。
本サイトで用意しているものはどちらかに偏ったものではなく、双方にメリットのある内容となっております。
契約書の一枚目と二枚目に割印をしてお使いください。
プリンタをお持ちでない方でも、USBメモリ、SDカードなどにPDFを保存すれば、コンビニのコピー機で印刷することが出来ます。